忍者ブログ

[PR]

2017年12月18日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


就職ランキング【トップ】へ

テレビ局のブッ飛び高給! その裏にあるのは……「蜜の味」?

2008年10月26日



テレビ局のブッ飛び高給! その裏にあるのは……「蜜の味」?

フジ、日テレ、TBS、テレ朝など、在京キー局(※)で働けば、30代後半でナント4ケタ年収がゲットできる!が、残業や休日出勤が多い。たしかに、テレビ局って一般的に、「芸能畑の人々」と一緒に仕事をすることが多いから、深夜とか休日とか関係なく働かなきゃならなくて、労働時間がナガイナガイ!
※ 在京キー局:本社が東京にあり、関東広域圏を放送対象にしている放送局。TBS、フジテレビジョン、テレビ朝日、 日本テレビ放送網、テレビ東京の5社。

でも…… ガイドは、ゼッタイ見逃せないある理由に気づいたのです。それは「免許制」! 免許制とは、「免許がなければ、その商売をしてはイケマセンヨ!」と、国がビジネスを監督するしくみ。テレビ局(地上放送事業者)の場合、電波法・放送法という法律に基づいて、総務大臣が監督しています。だから、大臣にオネガイして免許を取らないと、地上放送のビジネスにはエントリー(参入)できないワケ。
その結果は……
→ 「免許制」というバリヤ(障壁)があるため、他のビジネスのように、後からライバル会社がエントリーしにくい
→ 競争相手が少ないので、業界内の競争がさほど激しくない
→ 一旦エントリーした会社は、ゆったり気分で、けっこうオイシイ「蜜の味」が堪能できるカモ?

そこで、在京キー局の収入をチェック!してみると……2004年度の5社の収入は、1兆2,611億円。

地上・衛星放送などを含む放送メディア全体の収入3兆9,559億円に占める割合は、ナント31.8%。つまり、放送メディア全体=641社の収入のうち、たった5社だけで3分の1以上も稼ぎ出しているというワケ。
たしかに、ブッ飛びモノですネ!
※ 総務大臣主催の「通信・放送の在り方に関する懇談会」の資料よりところで、銀行や保険会社も免許制。内閣総理大臣にオネガイして免許を取らないと、銀行業・保険業のビジネスにはエントリーできません(銀行法・保険業法に基づく)。そう言えば、今は少しタソガレ気味ですが、昔は、銀行員と言えば、高給取りの代名詞でしたネ。
つまり、免許制のビジネス=高給取りという公式が成り立ちそう!

PR

就職ランキング【トップ】へ